iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iOS10にアップデートする前にやっておきたい5つのことを考えてみた件

iOS10のリリースまで、いよいよあと数時間。

年に1回のメジャーアップデートということもあり、今から興味津々、リリースしたらすぐにインストール!

って意気込んでいる人も多いと思います。もちろん、ぼくもそのひとり。

だけどOSのアップデートには、失敗という怖い2文字が常につきまとうもの。

ということで記念すべき第1回は、iOS10にアップデートする際に必ずやっておきたいことを紹介します。

自分のiPhoneが対象か確認する

基本的なことなんですけれど、iOS10はiPhoneだからってなんでもアップデートできるっていうもんじゃありません。

なので、無駄な時間を使わないようにするためにも自分のiPhoneがiOS10を使えるのかどうかを確認しておきましょう。

iOS10対象端末は以下のとおり。

iPhoneiPadiPod touch
iPhone7 iPad Pro 12.9インチ iPod touch 第6世代
iPhone7 Plus iPad Pro 9.7インチ  
iPhone6s iPad Air2  
iPhone6s Plus iPad Air  
iPhone6 iPad 第4世代  
iPhone6 Plus iPad mini4  
iPhoneSE iPad mini3  
iPhone5s iPad mini2  
iPhone5c    
iPhone5    

 

バックアップをとる

これは基本ですよね。

何度もいいますがiOSのアップデートには、バグがつきもの。

以前もiOSをアップデートしたら、iPhoneが "文鎮化" してしまって身動きとれない・・・なんてこともあったくらいですから。

なので、必ずバックアップをとっておきましょう。

バックアップは、iCloudとPCやMacでiTunesで行う方法と2通りあります。自分の都合のいい環境でやってください。

iTunesでのバックアップの取り方は、こちらをご覧ください。

 

iphonesevenstart.hatenablog.jp

 

Wi-Fi環境を確保する

携帯電話会社の電波(セルラー回線)では、iOSのダウンロードはできないです。

なので、必ずWi-Fi接続が可能な場所で行いましょう。

PCはあるけれど、LAN接続でWi-Fiがない!っていう人は、PCにiPhoneを接続してiTunesからアップデートができますから、落ち着いてやってください。


十分なバッテリー残量を確保

iOSのアップデートは、意外と時間がかかることが多いです。

そしてアップデート中にバッテリーが切れてしまうと、システムに重大なトラブルが発生することも・・・ということで、バッテリー残量が少ないとアップデートができなくなっています。

iOSのアップデートをする際は、十分なバッテリー量を残しているように充電しておきましょう。


ゆとりあるスケジューリングを

iOS10のリリースは、日本時間の深夜に行われるのが通例。

リリース日は平日ということもあり、明日朝起きてからやろう・・・って思っている人もいるでしょう。

そんな人は要注意!

先にも書いたとおり、iOSのアップデートは結構時間かかります。

なので、朝に行おうと思っている人は、いつもよりかなり時間に余裕をもって起きる必要があります。ただでさえ、朝は忙しいですからね。

ぼくはいつもギリギリまで寝ている派なので、忙しい朝にアップデートを行うのはおすすめしません。

トラブったときなんか、その日1日iPhoneを使えなくなっちゃいますからね。

 

iPhone7アクセサリー