iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iOS10はカメラの起動がすごくカンタンでラクになったという話

f:id:qtarrow:20160915004533j:plain


昨夜はリリースと共に文鎮騒動でTwitter上を賑わしたiOS10。

ぼくも今朝恐る恐るアップデートをしてみましたので、1日使用したレビューを書いておこうと思います。

iOS10アップデート所要時間

まずは、アップデートに要した時間。ぼくの場合は、約20分で終了しました。

ぼくがアップデートした環境は、iTunes経由。OTAで文鎮化したという情報が多かったので、修正版のリリース後でしたがここは手堅くいきました。

iTunesでアップデートするときは、iTunes12.5.1へのバージョンアップが必要です。

iOS10のホームボタン・ロック画面について感じたこと

さて無事iOS10にアップデートが完了し、どんなものかとロックを解除しようとした瞬間から、その新機能にやや戸惑い。

ロックの解除方法が変更

そう、ロックの解除方法から変わってたんですよ。

いままでのロック解除方法は、画面を表示させてホームボタンに触れるとTouch IDが作動してロック解除という流れ。

ここで重要なのは、いままではロックを解除するのにホームボタンを「ただ触るだけ」で解除できたということ。

それが、iOS10ではホームボタンを押し込まないと解除ができなくなってます。

f:id:qtarrow:20160915004624j:plain


Touch IDを使用していない場合の、画面をスライドしてパスコードを入力。

これについても、ホームボタンを押すことによって、パスコードの入力画面が表示されるようになっています。

これは、夕方くらいまで慣れなかったんですが、慣れるとなんでもなくなりますね。

どうしても慣れないという人は、ロック解除を今までとおりに戻す方法もあるので、こちらの方法で設定を今までとおりに戻してみるといいと思いますよ。

 

iphonesevenstart.hatenablog.jp

 


そして、iOS9の時よりもTouch IDの反応が少しよくなった気がするんですが、気のせいでしょうか・・・。

右からスワイプでカメラ起動

このロック画面ですがかなり使い勝手が向上しています。

右からスワイプするとカメラが起動するように。

いままでは、カメラは右下のカメラマークを上にスワイプしないとならなかったですから。

まぁこれも結構便利だったんですけれど、片手で使うことを考えた場合、話はべつもの。

上下のスワイプってちょっと大変なんですよ、手が小さいから。そして、iPhoneはけっこう大きいから。右下に表示されているカメラマークも、けっこう小さいし。

カメラを起動しようとしたら、コントロールセンターが起動したなんてことは日常茶飯事でしたからね。

これが左右のスワイプだけで、カメラが出てくるようになったのは、結構ポイント高しです。快適な片手でカメラ起動環境ができあがってます。

ウィジェットが意外と便利

いままでもウィジェットはあったんですよね。でも使ってなかった。

だって、上からスワイプして「通知」っていう小さいところをタップするのが面倒だったから。

でも、ロック画面を左からスワイプするだけなら使います。カンタンだから、便利だから。

ちょっと天気予報を確認したいなってときなんかは、ロック解除せずにアプリも起動せずに、左からスワイプしてウィジェットで確認できますから。

これは便利。これからぼくのなかでウィジェットの使用頻度が高くなりそうです。

まとめ

iOS10はこのほかにもたくさんの新機能が搭載されているので、全部を把握するまではちょっと時間がかかりそう。マップアプリとかは、すでにGoogleマップを超えた感もありますから。ぼくのなかでは。

でも、全部をいっぺんに書くのは、ぼくのブログスキル的に問題があったので、小分けにすることにしました。

今日は、ホームボタンとロック画面について書きましたが、これだけでもかなり便利です。まだアップデートをしていない人がいるなら、アップデートをおすすめします。

もちろん、ちゃんとバックアップはとったあとで。

次回はこのつづきを書きたいと思います。



iOS10関連記事

iphonesevenstart.hatenablog.jp

iphonesevenstart.hatenablog.jp

 

iPhone7用保護フィルムとケースはこちら