iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iPhone7どうする?AppleCareとか保証サービスが必要かを考えた

Tips

f:id:qtarrow:20160916023602j:plain

いよいよiPhone7/7 Plusの発売日。

ぼくの予約したiPhone7も、昨日Appleから出荷メールがきて無事今日のうちに到着するはず。ワクワクを抑えながら、いまかいまかと待ちながらの1日となりそうです。

ケースも準備した、保護フィルムもOK、あとはiPhone7が届くのを待つだけ。

でもね、ひとつだけ気になることが・・・。

それは、AppleCare+を含む保証サービスに加入するかどうか。

これ、悩む人多いと思う。ぼくは悩む!

でも、今年は加入しない!そう決めました。

入ってなくても数万円で修理可能

これホント難しい。

AppleCare+に加入しなかった年は、iPhone落としてガラス割るし。

じゃあ、今年はAppleCare+加入しようって思って加入したら、全然トラブルないし・・・。入ってないと壊れるし、入っていると壊れない。

だから悩むんですよね。

でも、ここで一度冷静になって考えた。iPhoneの修理ってどれくらいかかるんだ?って。

AppleCare+

これは、Appleの公式HPに詳細料金が載ってます。

それによると、もっとも可能性の高そうな画面の損傷の修理料金は以下のとおり。

  • iPhone7(AppleCare+未加入)=32,000 円 (税別)
  • iPhone7(AppleCare+加入時)=11,800 円 (税別)



あれ?って思った人、正解。

そう、AppleCare+に加入していたとしても1万円以上の修理費用が必要なわけです。修理に11,800円そして、AppleCare+自体の料金が14,800円(税別)。

ということは、2年間に1回画面の修理をしたとすると・・・

AppleCare+加入時に修理した場合
14,800円+11,800円=26,600円(税別)

AppleCare+未加入で修理した場合
32,000円(税別)

その差は、わずか5,400円。しかもこれは修理をした場合の話。昨年のぼくのように、AppleCare+に加入はしたものの、全然無傷!っていう場合は、14,800円の損失ということに。

たった5400円を浮かせるために、年間7,400円、2年間の総額14,800円を払うのはちょっとバカらしくなってきたというわけです。

携帯3社の保証サービスにはいったら・・・

iPhoneの保証サービスは、最近では携帯各社でも用意されていますよね。

じゃあ、こっちはどうなの?って思いますよね。

結論からいうと、これもおすすめしません。

iPhone7の各社の保証内容は以下のとおりとなっています。

ドコモ(ケータイ保証サービス for iPhone & iPad

月額料金:750円
サービス内容:11,000円でリフレッシュ品に交換
備考:1年間に2回まで利用可能

au(auスマートパス)

月額料金:372円
サービス内容:最大10,000円(税込)の修理代金をサポート
備考:2年間で2回まで利用可能

ソフトバンク(あんしん保証パック(i)プラス)

月額料金:750円
サービス内容:修理代金(税抜)の80%以上を、月々の利用料金から割引


これを上のAppleCare+と同じ2年間で1回修理をした場合に換算すると・・・

ドコモ:月額750円×24ヶ月+11,000円=29,000円
au:月額372円×24ヶ月+10,000円=18,928円
ソフトバンク:月額750円×24ヶ月+約6,400円=24,400円

ということに。ただし、ソフトバンクの場合は修理料金がバックされるのではなく、月々の携帯電話利用料から割引されるという点に注意。

いずれのプランに加入したとしても、未加入の時と比べてその差額は3,000~13,000円程度

しかも何度もいうけれど、これはiPhoneがトラブルに遭った場合。

ぼくの経験上、iPhoneを落としてガラスが割れたということは、5年間で1度のみ。そう考えると、このプランには少し割高感を感じるんですよね。

いまはiPhoneの修理キットも販売されているし、正規店ではないとはいえ、しっかりとした修理店も増えてきてますからね。

万が一、トラブルに遭ったときでもそんなサービスを利用すればいいじゃない?って思います。

まとめ

自動車保険でもなんでもそうですけれど、このiPhoneの保証サービスもなにかあったときのための保険商品です。

けれど、自動車保険などのほかの保険と決定的に違うのは、「なにか」があったときの額の大きさ。自動車事故を起こしたりしたら、結構な額の賠償金が必要になりますよね。

その賠償金のために、いまある生活が破綻・・・という可能性もある場合もあるでしょう。

ぼくは、そうならないためのものとして存在している商品だと思います。

では、iPhoneが壊れて修理するための代金を払ったら、生活が破綻するのか?ということです。iPhone7の場合は、ガラス割れくらいなら32,000円で修理が可能です。

個人差はあるでしょうが、この3万円で生活が破綻するとは考えにくい。

だから、iPhoneの保証サービスには加入しないというのがぼくの考え。

ただしこれには例外もあって、1年間に2回も3回もiPhoneを落として壊しちゃう!そしてそれが、過去何年も同じ状態っていう人は、加入しておいた方がイイと思いますけれどね。





こちらもおすすめ
iPhone7のカメラはスゴかった!赤レンガ倉庫の夜景を撮影-おすすめレタッチアプリも紹介
AppleがiPhone6sの「突然電源が落ちる不具合」に対処した交換プログラムを実施 HPですぐにチェック可能に
LINEモバイル3日間で1GB以上使ったらどうなるか試してみた
格安SIM LINEモバイル 料金プランや設定方法まとめ
MVNO(格安SIM)6社の通信速度を朝・昼・夜の3回に分けて計測 最速はちょっと意外なあの会社

 

 

ケースと保護フィルムをつけるだけでもリスクは減りますよ