iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iPhone7/7 PlusでApple Payを最速で使うために重要な3つのポイント

Tips Apple Pay

f:id:qtarrow:20161028024322j:plain


Apple Payもう使いました?

今朝コンビニでApple Payを利用したんですが、ちょっと気をつけた方がいいなぁって思ったこと、そしてちょっと便利なApple Payの使い方を紹介したいと思います。

Apple Payで支払をする時って、普通だとこんな手順が必要になります。

  1. iPhone7/7 Plusのロックを解除する
  2. Walletアプリを起動する
  3. 利用するカード(クレジットカードやSuica)を選択する
  4. 指紋認証する
  5. リーダーにiPhone7/7 Plusをかざす



と文章にするとこれだけの手順が必要になるわけです。

数年前にAndroid端末でEdyを使ったときは、たしかスマホをリーダーにかざすだけで決済が完了したと思うので、それから比べるとかなりの手間。

そんな手間を完全にとまではいかないにしても、ある程度軽減できる方法を今日は紹介します。

目次

Apple Payを使うときの店員さんへの伝え方

さて、Apple Payを利用するときに一番最初にしなくてならないこと。

それは、

店員さんにApple Payで支払いますよ

という意思を伝えること。

これが伝わらないことには、リーダーが起動しないので一向に支払行為に進むことができませんからね。

ただ、Apple Payが開始されて間もないということもあるのかもしれません。ぼくのここ2日間の経験だと支払時に「Apple Pay」といってもほぼほぼ伝わりません。「はぁ?」って顔されるのが関の山です。

なぜなら、Apple Payに登録されたクレジットカードはiDもしくはQUICPayに割り当てられるようになっているから。なのでここは、iDまたはQUICPayでという風に伝えましょう。

iDかQUICPayかは、自分の登録したクレジットカードによって変わってきます。自分のクレジットカードがiDかQUICPayなのかは、Walletを起動してカードを選択すると、この部分に表示されています。

f:id:qtarrow:20161028023527j:plain


かならず支払前にiDもしくはQUICPayで支払をしたいということを店員さんに伝えましょう。

Suicaで支払をする場合

さあ、いよいよ支払です。

レジでSuicaを使って支払をする場合、これは簡単。リーダーにiPhone7/7 PlusをかざすだけでOKです。

ただしこれも条件がありますので、あらかじめ設定をしておきましょう。

SuicaをかざすだけでOKにする設定方法

Suicaをかざすだけで、支払や改札を通過するには「エクスプレスカード」の設定が必要です。あらかじめ以下の設定を確認しておきたいところです。

1.「設定」>「WalletとApple Pay」を開きます。

f:id:qtarrow:20161028023719j:plain


2.WalletとApple Pay内にある「エクスプレスカード」をタップします。

f:id:qtarrow:20161028023801j:plain


3.ここであらかじめ登録しておいたSuicaを選択します。モバイルSuicaの登録が1つの場合は、デフォルトで選択されています。ただし、複数の登録をしている場合には、ここで利用したいSuicaを選択する必要があります。


これで、レジや改札のリーダーにiPhone7/7 PlusをかざすだけでSuicaを利用できるようになります。

クレジットカードを最速で使う方法

さてつぎはクレジットカードで支払う方法です。クレジットカードの場合は、Suicaと違いWalletの起動が必要になります。

ただ、このWalletを一瞬で起動する方法があるので紹介します。

Walletを一瞬で起動する設定方法

この方法も、設定の確認が必要です。まずは、以下の設定ができているかを確認しておきましょう。

1.「設定」>「WalletとApple Pay」を開きます。

f:id:qtarrow:20161028023719j:plain


2.WalletとApple Pay内にある「ホームボタンをダブルクリック」の部分のスイッチをオンにします(右側のスイッチがグリーンならOK)。

f:id:qtarrow:20161028023933j:plain


3.つぎにWalletとApple Pay内にある「メインカード」を確認します。この部分が、使いたいクレジットカードになっていればOK。ここで選択されているカードがiDまたはQUICPayとして利用されることになります。

f:id:qtarrow:20161028023943j:plain


4.もしも利用したいカードがメインカードになっていない場合は、「メインカード」をタップしてカードを選択します。

あとは、ロック画面でホームボタンをダブルクリック

するとWalletが起動して、認証が始まります。認証が終わったらiPhone7/7 Plusをリーダーにかざして決済完了です。

ひとつ注意点をあげるとすれば、iPhone7/7 PlusのTouch IDのセンサーはかなり反応がいいので、ロック画面で「指を当てただけで開く」機能をオンにしている場合は、ダブルタップ後すぐに指を離さないとロック解除されてしまいホーム画面が表示されてしまいます。

この設定は「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ホームボタン」>「指を当てて開く」で切り替えが可能です。

f:id:qtarrow:20161028024044j:plain


この方法を使えば、いちいちWalletを探して起動してという手間が省けるので、レジ前での支払が格段に速くなりますよ。

まとめ

今日のポイントをまとめると

  1. 店員さんにはApple Payではなく、SuicaやiDまたはQUICPayで支払うと言う(Apple Payといっても伝わらない)
  2. 設定をすればSuicaはiPhone7/7 Plusをかざすだけで使える
  3. クレジットカードは設定後にロック画面でホームボタンをダブルクリック(ダブルクリック後指はすぐに離す)



以上の3点が重要になると思います。

いままでレジ前で小銭をジャラジャラとやっていたiPhoneユーザーですが、やっとスマートに電子マネーを利用できるようになりましたからね。

せっかく使える機能なので、快適に使っていきたいというところです。



こちらもおすすめ
iPhone7のカメラはスゴかった!赤レンガ倉庫の夜景を撮影-おすすめレタッチアプリも紹介
AppleがiPhone6sの「突然電源が落ちる不具合」に対処した交換プログラムを実施 HPですぐにチェック可能に
LINEモバイル3日間で1GB以上使ったらどうなるか試してみた
格安SIM LINEモバイル 料金プランや設定方法まとめ
MVNO(格安SIM)6社の通信速度を朝・昼・夜の3回に分けて計測 最速はちょっと意外なあの会社




iPhone7におすすめのガラスフィルム

 

これからカードを作るなら楽天カードがおすすめ