iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iPhoneの容量が足りなくなったらやっておきたい3つの整理術

Tips アプリ

f:id:qtarrow:20161230200245j:plain



2016年もあとは、大晦日を残すのみ。

もう家の大掃除は終わって、

スッキリしている人もたくさんいるんでしょうね。

我が家は明日の大晦日に大掃除ですけど。

で、家の大掃除よりもひと足先に、

iPhoneの大掃除をしてみました。

ずっと整理してなかったから、iPhone内のアプリとか

もうグチャグチャだったんですよね。

実際に、ぼくがやったのはこの3つ。

  • アプリの整理
  • 写真の整理
  • ブラウザの履歴削除



時間にしたら、多分10分かかってない。

 

1.不要なアプリはドンドン消そう

まずは、アプリの整理から。

アプリってドンドン溜まっていくんですよね。

多分64GBとか128GBモデルを使い出して、
容量に余裕が出始めたときから、
こんな状態が始まっているような気がします。

よくよく見ると、もう何ヶ月も使っていないアプリがわんさか!!

こういうのを、iPhone内から削除します。

削除方法は、

「設定」>「一般」>「ストレージとiCloudの使用状況」の順にタップして

f:id:qtarrow:20161230195903j:plain



「ストレージを管理」を開きます。


この一覧から、いらないアプリを削除するだけ。

f:id:qtarrow:20161230195914j:plain



ぼくの場合、この作業だけでiPhoneの容量が10GB以上空きましたよ!!


2.写真の整理

ぼくの場合、こういうブログを書いているので、

スクリーンショットをかなりの枚数撮影します。

このスクリーンショット、不要になったらすぐに消せばいいんですが、

すっかり忘れて、気づいたときには、カメラロールがグチャグチャに・・・。

っていうのが、いつものパターン。

なので、こういうタイミングに定期的に消してます。



消し方は、写真アプリを開いたら「アルバム」を選択します。

そして、その中から「スクリーンショット」を選択し、「選択」>「すべて消去」をタップ。

これで、一瞬で何百枚もの写真がキレイに削除完了。

f:id:qtarrow:20161230195837j:plain



1000枚近くあったのには、自分でもちょっとビックリしましたけどね。



あとは、カメラロールの写真はクラウドに移します。

そして、移行が完了したらカメラロールから削除。

これだけで、かなりの容量が空きますよ。

ぼくは、Googleフォトを使ってます。



画像が圧縮されますが、無料で容量無制限で使えるしね。

画質もぼくら素人目には、全然劣化が分からないレベルです。



あとは、こんなUSBメモリを使うのもいいと思います。



これなら、通信環境が悪い場所でもその場でバックアップできるしね。


3.ブラウザのキャッシュの削除

これは、やってもやらなくても別にいいと思います。

個人的には。

ただ、スッキリしたかったのでやっておきました。

「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。

f:id:qtarrow:20161230195822j:plain



これをやると、履歴/Cookieなどのデータが削除されます。


本当に必要なデータって意外と少ない

こうやって、あたらめて自分のiPhone内を見てみると、気づかされます。

いかに普段、必要のないデータを持ちあるっていたのかってこと。



こういうのって、目には見えないけれど、
ぼくたちの毎日の生活をすこしずつ重く鈍くさせてます。


膨大な情報を持ちあるって、
意味不明な安心感とひきかえに、データを探すストレスが少しずつ、
けれど確実にぼくらを疲弊させていますからね。


そんな余計なストレスに、足止めくらわないよう、身軽にいたいですね。


ホントそう思いました。



こちらもおすすめ
すでに6週間待ちのアップルAirPodsにかわるiPhone7で使えるワイヤレスイヤホン
iPhone7のカメラはスゴかった!赤レンガ倉庫の夜景を撮影-おすすめレタッチアプリも紹介
LINEモバイル3日間で1GB以上使ったらどうなるか試してみた