iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

iPhone7を2日使用してわかったメリット・デメリット

Tips

f:id:qtarrow:20160918014433j:plain


iPhone7を手にして2日が経過。

そろそろiPhone7の便利な点と、ここはチョットな・・・という残念な点が見え始めてきたので、サクッと紹介します。

でもね、総合的いっちゃうと・・・iPhone7はかなりイイですよ。

iPhone7のメリットはココ

iPhone7のメリットは、現段階ではこれ。

  • Touch IDの反応がすばらしい
  • レスポンスが向上



iPhone7 Plusで格段に向上したといわれているカメラについては、まだ夜間撮影しか試せていないので、今日は保留です。

Touch IDの認識精度がすばらしい!

なんといってもこれに尽きます。

iPhone7になって、ホームボタンが物理ボタンではなくなったということは、昨日の記事で触れたとおり。

物理ボタンではなくなったことで、「押した感じがしない」などの不満がある方もいると思います。

ぼくも初日には、そんな感覚を覚えました。

けどね、ある程度の時間を使っていると全然そんなことないんです。むしろ、快適になっています。押した感じがどうこうという問題を感じさせないくらいに、Touch IDが進化しています。

これは、ロック解除の際の指紋センサーの認識速度に顕著にあらわれてます。



iPhone6sまでは、
ホームボタンを押す→・・・→指紋認識→ロック解除
という感じでした。


それがiPhone7では
ホームボタンを押す→ロック解除
という感じ。



いままでよりも、「・・・」と「指紋認証」してるだろうなっていう時間の2ステップを短縮している感じ。

しかも、そのセンサーの認証精度が驚くくらい進化してます。

手汗などで手が湿っていると、いままでのTouch IDは認識してくれませんでした。時には、最初から諦めてパスコードを入力してたくらい。

それが、iPhone7ではチョットくらい手が湿っていたとしても見事に指紋を認識してくれます。

手汗をかきやすいぼくとしては、これはとても嬉しいです。

全国の手汗かき人たちの見方です。

ロック解除がものすごくスムーズになるというのは、これほどストレスを軽減してくれるのか!?って思いましたからね。

だからホームボタンが、物理ボタンじゃないなんてことはまったく気になりません。むしろ、物理ボタンよりも壊れにくくていいのかな?とも思うくらいです。

とにかくサクサク

iPhone7に搭載されているA10チップ、これがすばらしいサクサク感を演出してくれてます。

ベンチーマークでは、あのiPad Proをゆうに超えてますからね。

f:id:qtarrow:20160918231535j:plain


PCでもそうですけれど、端末がどれくらいサクサクに動いてくれるのかというのは、デジタル端末を使うに当たってとっても重要な要素ですからね。

もうスピードだけでいえば、PCを使うよりも断然効率的です。

iPhone7のデメリット・・・

とはいえ、いいことずくめというわけでもないのがiPhone7。

iPhone7のデメリットはこれ。

  • イヤホンが不便
  • カメラのシャッター音が爆

 

イヤホンが不便

発売前から、いやむしろ1年前から騒がれていたイヤホンジャックの廃止。

デザイン的にはスッキリしたものの、やっぱり不便です。

ぼくはBluetoothのイヤホンというものが、苦手です。ハンズフリーのときなんかどうしても相手に声がちゃんと聞こえているのか不安になっちゃうんです。

となると、使用するイヤホンはEar Podsとなるわけですが、今回のiPhone7に同梱されているイヤホンは、Lightning端子のもの。

f:id:qtarrow:20160918014518j:plain


これだと、充電しながらのイヤホンの使用ができないんですよね。

3.5φイヤホンジャックのアダプタも同梱されているんですが、これを使ったとしてもLightningケーブルが塞がれるのは一緒。

f:id:qtarrow:20160918014525j:plain


しかもこのアダプタが、想像以上にコンパクトなんで外に持ち出したらどっかになくしちゃいそうです・・・。

車の運転の多いぼくにとって、これはどうにかしなくてはならない課題のひとつとなっています。

シャッター音が爆音

これはステレオ対応の弊害ともいうべきことでしょうか。

iPhone7ではスピーカーがステレオ対応になったということで、たしかに音自体はよくなっていると思います。Apple Musicとか聴いていると、音の違いは顕著です。

しかしですね、その分シャッター音がとにかく大きいです。

別にイイじゃん!っていう人もいると思いますが、これ電車内とか街中でスクリーンショットを撮るときには、結構恥ずかしいです。

iPhone6sまででは、スピーカー部分を指で押さえるとこのシャッター音は結構抑えることができたんです。

けれど、iPhone7ではスピーカーを指で押さえてやっとiPhone6sと同じくらいのシャッター音くらいの大きさ。もはや指ではどうしようもないレベルの爆音です。

まとめ

メリット・デメリットをはやくも顕著に感じることになったiPhone7ですが、総合的に見ると、史上最強のiPhoneであることには変わりありません。

ロック解除のほか、パスワードの代わりに頻繁に使用するTouch IDの感度が格段に向上していること。そして、A10チップ搭載による端末操作のサクサク感

このふたつだけでも、シャッター音やイヤホンのデメリットがあったとしてもそれを感じさせないくらいの快適さを備えた端末になってますね。

これから使っていくにつれ、もっとイイ面悪い面出てくると思いますが、現段階ではiPhone7に買い換えてよかったかなと思います。

ケースなしで持ち歩くならこのガラスフィルムがおすすめ

 

iPhoneらしさと強度を兼ね備えたクリアケース