iPhone7はじめました。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone7はじめました。

元ケータイ販売員が語るiPhoneのおトクな使い方など

MVNO(格安SIM)6社の通信速度を朝・昼・夜の3回に分けて計測 最速はちょっと意外なあの会社

格安SIM

以前紹介したMVNO(格安SIM)の実測についてですが、今回LINEモバイルのSIMを新たに入手したのと、前回の計測が22:00台のみだったので、昼間の時間帯の速度はどうなの?


ってことで、もう一度計測してみました。

夜はみんな家でWi-Fi使ってるだろうから、回線にも余裕があるだろうしね。それに対して、昼間は仕事などで外出しているという方が多いでしょうから。

というわけで、今回の計測結果をザザッと書いてきます。

計測時間と計測条件

今回計測したのは、前回の5社にLINEモバイルを追加した6社。

  • LINEモバイル
  • Nuroモバイル
  • 楽天モバイル
  • OCNモバイル
  • DMMモバイル
  • mineo



前回の計測に新たにLINEモバイルが追加されています。興味深いのは、時間帯によって、そして計測のタイミングによって前回と速度がまったく違う会社があったということですかね。

使ってみないとわからないというところが、現状のMVNO(格安SIM)ということなんでしょうか。

計測端末や仕様アプリは前回と同条件で、計測時間を8:00、12:00、22:00の3回実施しています。

計測場所:茨城県つくば市
計測端末:iPhone7 SIMフリーモデル
計測アプリ:RBB SPEED TEST

時間帯別調査結果

今回は、計測時間を3回に分けて調査しています。前回の22:00という比較的回線が逼迫されていない状態に加えて、8:00と12:00を追加しています。

今回追加した2つの時間帯は、外 = モバイル回線を最も使用する時間帯だと思いますので、それなりの覚悟をしていましたが、意外な結果になりました。

AM8:00調査結果

まずは、AM8:00。通勤の時間帯にあたるので、それなりに数値上の速度は落ちるかと思っていたんですが、そんな予想に反してかなりの好結果が出ましたよ。

速度の単位はMbps、速度は5回計測した平均値です。

 下り上りping
LINEモバイル 22.16 6.80 39
Nuroモバイル 11.87 5.75 34
OCNモバイルONE 7.67 8.71 66
楽天モバイル 18.18 6.73 53
mineo 28.93 5.32 60
DMMモバイル 16.33 4.66 41



OCNモバイルONEを除く5社で、下り速度が10Mbps以上という結果。なかでもLINEモバイルとmineoでは、下り平均速度が20Mbps以上の速度を計測。

これだけ速度が出ていれば、webサイトの閲覧や動画試聴でもまったく問題なし。

PM12:00調査結果

つづいて多くの方が休憩時間になるだろう、お昼時。

ここは、さすがに利用者が増えて回線が逼迫しているのか、朝とはうってかわって速度が落ちています。

 下り上りping
LINEモバイル 14.87 5.48 37
Nuroモバイル 2.55 4.63 76
OCNモバイルONE 0.54 7.88 75
楽天モバイル 1.60 4.36 85
mineo 計測不能
DMMモバイル 0.42 2.54 110



特筆すべきは、mineoが計測不能だったということ。朝8:00に計測したときには、下り28.93Mbpsという超快適な速度を計測したmineoがまさかの計測不能。

動画はもちろん、Safariを開いても一向にサイトが表示される気配がありませんでした。たまたま一時的に通信状態が悪かったにしても、ブラウジングがまったくできなくなってしまうというのは、いささかの不安を覚えたというのが正直なところ。

mineo以外も軒並み速度を落としています。下り速度が1Mbpsを下回ると、ブラウジングをしていて、サイトが表示されるまで少し遅いなぁって感じます。

そんな中でこの時間帯にもかかわらず、14.87Mbpsをたたき出しているLINEモバイルは、動画もブラウジングもサクサク快適に使えました。

PM22:00調査結果

最後は比較的回線に余裕が出ているであろう、PM22:00台。

 下り上りping
LINEモバイル 27.18 4.56 48
Nuroモバイル 1.48 9.01 47
OCNモバイルONE 1.11 3.10 81
楽天モバイル 39.02 7.66 48
mineo 3.48 13.98 103
DMMモバイル 3.30 6.50 88



この時間帯で郡を抜いていたのが、楽天モバイル。下り39Mbpsも出ていれば、動画もwebもサクサク快適に使えます。

個人的にはこの時間帯は、家にいることが多いのであまり気にしていないんですが、朝の時間帯よりも全体的に速度が出ていなかったのはちょっと意外。

実測値と体感速度の違いはあるかも

と、今回は朝・昼・夜の3回の時間帯に分けて6社のSIMの通信速度を計測したわけですが、共通していえるのは1Mbps以上の下り速度が出ていれば、それなりに実用範囲内かなということ。

2Mbps以上の速度が出ていれば、それほどストレス無くブラウジングはできると思います。

そしてもうひとつ気になったのは、速度チェックアプリに表示されている数値と体感速度の違い。

朝最速だったmineoや、夜最速値を示した楽天モバイルですが、実際にSafariやYouTubeを起動したところ、数値で劣るLINEモバイルの方がなんとなくはやく感じるということがありました。

このへんはあくまでも個人的な感覚になってくるので、一概には言えませんけどね。

まとめ

朝はmineo、昼はLINEモバイル、夜は楽天モバイルが最速という結果になりましたが、やっぱり実際に利用することを考えると一番気になるのが通信の『安定感』でしょう。

そういう意味で見ていくと、やっぱり全時間帯で平均して約15Mpbs以上の速度を計測できたLINEモバイルは安心感があります。

ただ、まだサービスが開始されて間もない会社なので、今後どのような状況になっていくかというのは分かりませんが。少なくとも現時点では、非常に魅力的な存在。

今月は今使っているソフトバンクの更新月になるので、そろそろどの会社に乗り換えるか絞っていこうと思います。


関連記事
この料金でこのスピードならOK!?楽天モバイルなど格安SIM(MVNO)5社の通信速度を計測

格安SIM LINEモバイル 料金プランや設定方法まとめ